<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

桜の花を食べにくる「めじろ」


満開の「緋寒桜」の花の味は美味しいのでしょうか?この時期は小さな「めじろ」が群れで花を食べにきます。きっと甘くておいしのでしょうね。桜の葉でくるんだ桜餅はとても良い香りがしますからね。うぐいす色の綺麗な「めじろ」を見たかったら、この緋寒桜の咲く時期が最適のようですよ。
鈴家 * - * 11:34 * comments(0) * trackbacks(0)

新年明けましておめでとうございます!!

    まだ自然の多いこの城ケ崎では毎朝、小鳥の騒がしいさえずりで目が覚めます。とても愛らしい小鳥であったり、時にはみかんや琵琶の実を狙う鬼に変わる事もあります。それでも春を告げるうぐいすの鳴き声などはとても待ち遠しいものです。今年は酉年、この小鳥たちと共に皆様のご多幸とご健勝を心よりお祈り申しあげます。
鈴家 * - * 19:58 * comments(0) * trackbacks(0)

初冬を飾る城ケ崎の「つわぶき」の花

秋の終わりから初冬にかけて城ケ崎のいたる所でみられる「つわぶき」キク科の花、群生する場所ではとても明るく綺麗ですね。この花が終わるとそろそろ師走、今年も終わりますね。でも例年になく暖かな城ケ崎です。                          この遊歩道のピクニカルコ−スにも「つわぶき」の花が満開です。
鈴家 * - * 20:51 * comments(0) * trackbacks(0)

冬場に助かる「豆苗野菜」


冬場に不足がちな葉物野菜ですが、この所、あちこちのスーパ−などで見かける「豆苗野菜」には大変助かります。根付の水栽培で売られているので一度食べてしまってから、今度は丁寧に日に当たる所を選んで育てると、また芽を出して成長してくれます。写真の右は二度目に芽吹いた所です。左の写真はこれから芽吹かそうとしているところです。つまり100円以下で手に入る「豆苗野菜」が二度も使えるのです。
鈴家 * - * 09:47 * comments(0) * trackbacks(0)

たくさんの「金柑」を頂きました!!


今度はまたまた豊作の金柑をご近所から沢山いただきました。「みかん買ったら皮やるぞ!金柑買ったら実をやるぞ!」と唄われるように金柑は皮が甘いので皮をたべますね!今年はとても甘くておいしいですよ。現在のように上等なお菓子がなかった時代ではこの金柑は貴重なお菓子だったのではないでしょうか?
鈴家 * - * 20:16 * comments(0) * trackbacks(0)

新年明けましておめでとうございます!!

新年明けましておめでとうございます!!今年も讃岐うどん鈴家をよろしくお願い申し上げます。ご挨拶に登場しました干支の申は鈴家のおかみが年末より楽しみながら、一生懸命に作成した申でおかみが大変気に入っているものです。この申がお客様の今年の平穏とご健康をかげながらお守り申しあげます。
 
鈴家 * - * 19:55 * comments(0) * trackbacks(0)

伊豆半島は豊作「見事な大根」をいただきました。


伊豆半島とは何とも不思議な楽しいローカルです。ミカンや甘夏の季節になると何処からともなくミカンや甘夏が入ってきます。鯵が大量に水揚げになると鯵が、大根が豊作だと大根が何処からともなく手に入るのです。「これがローカルの人情や風情だ」と感謝の毎日です。又たいへん気に入っているのです。
鈴家 * - * 15:08 * comments(0) * trackbacks(0)

師走の前半は連日「小春日和」の温かさ!


今年の師走の前半はまるで春真っ盛りの小春日和の連続でした。こんな暖かな陽気が続くと本番の寒さが訪れた時にこたえますよね。鈴家の庭の水仙の花も普段より一週間も早く開花しました。さて今年の冬は暖冬になるのでしょうか?厳冬になるのでしょうか?
鈴家 * - * 22:12 * comments(0) * trackbacks(0)

来年は豊作の予感「ビワの花」


今年は枝から枝へ無数のビワの花が咲きました。ビワの木を育てて十数年、こんな三角形にたくさん花を持ったのは初めてです。来年の春にはきっと沢山の収穫があるかも知れませんね。
鈴家 * - * 16:52 * comments(0) * trackbacks(0)

梅雨でも鮮やか「合歓の木」の花

最近は城ケ崎のあちこちの庭木に見られる様になった「ねむの木」ですが、梅雨の合間に鮮やかに咲いた「ねむの木の花」を見つけました。その他にも見つけて歩きましたが全てのねむの木に花が着くとは限らないようですね。                  こちらも梅雨空に鮮やかな「あやめ」?園芸種の新種のようで名前は解りませんでした.その後の調査で「ジャ−マンアイリス」ドイツアヤメ(独逸菖蒲)アヤメ科と解りました。
鈴家 * - * 10:41 * comments(1) * trackbacks(0)
このページの先頭へ